about
修羅場報告を募集しています
修羅場投稿スレッド@修羅場速報


人気記事
カテゴリ
DV (75)
月別アーカイブ

子供の頃に飼っていた兄貴であり子分であり親友でも会った犬が実は猫だったと判明した

今までにあった修羅場を語れ【18】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1464237313/

379: 名無しさん@おーぷん 2016/06/27(月)20:56:21 ID:oAg

他の人達の修羅場には遠くおよばないけど、
自分が子供の頃に飼っていた兄貴であり子分であり親友でも会った犬が実は猫だったと判明した時。

自分が生まれるちょっと前に飼うことになった猫で、行動が犬っぽいから勘違いしていたんじゃないかと思う。
文才がないから箇条書きすると(親からの情報もあり)
・ 親との散歩に必ず付いてきて側溝等に近づこうとすると身体でガード
・ 自分が親に叱られていると、耳を伏せて一緒に叱られる
・ げんこつされそうになると自分と親の身体を割り込ませて聞いたこと無い鳴き声で鳴く
・ 自分が夜に寝ている時に目を覚まして、猫がいないことに気付いてむずがって猫の名前を泣き声で呼ぶと
  家の何処にいても駆け足で駆け寄ってくる
・ 自分が寝ている時、気付くといつも毛繕いしてやっている

書いてて思ったけどやっぱり犬だよな…。






380: 名無しさん@おーぷん 2016/06/27(月)21:01:36 ID:8SM

>>379
すっごく猫だと思う…
とくに毛繕い


381: 名無しさん@おーぷん 2016/06/27(月)21:03:44 ID:ySx

>>379
あなたには松谷みよ子著「ももちゃんとプー」をお勧めします


382: 名無しさん@おーぷん 2016/06/27(月)23:26:31 ID:2eU

>>379
犬っぽいけど、猫もやるね
呼ぶと駆け寄ってきたり、誰か守ろうとしてすごい声出しながら背中大きくして毛を逆立てたり


491: >>379 2016/07/12(火)02:57:26 ID:1GQ

>>379なんだけど、コレが最後なんでご容赦願う。

・自分と頬を合わせて一緒に寝る
・遊びに来た猫好きの叔父が寝ている自分と猫に近づこうとすると牙を剥いてシャーとする
・盛大に引っ掻かれて叔父泣く
・狩りのお手本をみせる(親からの情報だけど詳細を聞かず)
・狩りの獲物を枕元において母をビビらす


こうやっていると結構猫との思い出が朧気ながらも思い出す。
その猫も自分がまだちびの時に亡くなったんだけど、自分はずっと泣いてみたい。
それで泣き疲れで寝て、起きた後は猫のことを忘れたかのようにケロっとしたそうだ。
親はまた泣かないように一切話題を出さないようにしたとのこと。
しかし、なんで犬と勘違いまでして今まで忘れていたんだろう…?
ちょっとキモいかもしれないけど、親友だった猫の思い出して涙が出てしまう。


493: 名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火)05:01:01 ID:Uj7

>>491
いい猫だな
猫は母性が強いそうだ
君は猫に大事にされてたのさ
思い出してきたのは
NNNがアップ始めたのかもしれんなw


494: 名無しさん@おーぷん 2016/07/12(火)06:42:24 ID:bvb

狩りの獲物…
先々代がよくやったなぁ
朝、目が覚めたら枕元とか


おすすめサイトの最新記事
「動物・ペット」 カテゴリの関連記事
  1. [ 2018/10/30 15:11 ]
  2. 盛大に引っ掻くは猫だな
    犬は噛むほうに力を注ぐ
    うちの猫も犬みたいだった。気まぐれじゃなく忍耐強い。どんな時でも抱っこを嫌がらない。気づくと側にいる。
    もう一匹は典型的な猫だったが
  3. [ 2018/10/30 23:16 ]
  4. 子育てするオス猫って割といるんだけど、乳離れがないせいか母猫と違って長い期間面倒みるのよね。
    そういう猫だったのかな。
コメントの投稿
注意  :FC2のコメントフィルターによって露骨に卑猥な言葉は書き込めなくなっています。
使い方 : >> で本文中のレス番、 * ※ 米 等でコメントへのレスができます。
例   : >>432 米1 ※423
ご連絡 :※コメントNoがIE8以上に対応致しました。なおIE7以下への対応予定はございません。
     google chromeで確認しながらデザインしてるのでchromeでの閲覧をお勧めします。
     コメントNoが見えない方、レイアウトがずれている方がいらっしゃいましたら
     こちらからお問い合わせ頂けたら幸いです。
     





管理人に知らせたいことがある時等にチェックしてください。

家庭/鬼女/カップル系ブログ 最新記事