about
修羅場報告を募集しています
修羅場投稿スレッド@修羅場速報


人気記事
カテゴリ
DV (75)
月別アーカイブ

子供を使った痴漢の犯人が児童館で出会った「最近妻と育児をバトンタッチした」と言う若い父親だった

今までにあった修羅場を語れ【その17】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1457020072/

372: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)11:43:59 ID:MuX

我が家は特殊な形態の共働きなため、家事は基本的に半々だが
育児はシフト表を作って「何日は俺担当」「何日は嫁担当」という風に割り振っている。
俺の仕事は在宅でもできるので、育児担当の日は基本的に家にいる。
子供が望めば公園や児童館、図書館等に俺が連れて行く。
我が家のシステムは児童館の職員等が把握してくれているため
年度替りには多少奇異な目で見られることもあるが、たいていすぐ皆慣れてくれる。

ある時、公園に子供を連れてきている若い父親と遭遇した。
見慣れない男で、「最近妻と育児をバトンタッチした」と言う。
まあそういう家もあるわなと深い事情は突っ込まず、
「父親が育児のメインだと周囲の目が気になることもあるでしょうが、誠実にやっていれば
皆すぐに認めてくれますから」などと当たり障りのない会話をして終わった。

後日児童館へ行くと入り口で止められた。
「?」と思っていると顔見知りの職員が走ってきて「その人は問題ないから通して」と
止めた職員に言い、俺たち親子は通された。

さらに後日、スーパーのトイレで「子供を使った痴漢がいるので見たらすぐ店員を呼んでくれ」
という内容の張り紙を見た。






373: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)11:44:07 ID:MuX

もうおわかりと思うが、痴漢は例の若い父親だった。
「子供が洩らしてしまったので手伝ってくれ」と通りかかった女の子に頼み
トイレに入ったところを痴漢するという手口だったらしい。
卑劣なのが、狙ったのが女性でなく「女の子」という所だ。
大人に頼まれると小中学生の女の子は断りにくいという心理を使用して痴漢を行っていたという。
ちなみに連れていた子は自分の実の子で、
リストラされた憂さ晴らしを痴漢行為で晴らしていたと噂で聞いた。

やっと育児する男が市民権を得ていた矢先の事件だったので本当にガッカリしたし
目だった迷惑はかけられなかったとはいえ、自分まで同類に見られるんじゃないかとしばらく怖かった。
イクメンゲス議員もそうだが、悪事の隠れ蓑に育児を使うなと言いたい。


374: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)13:20:33 ID:t5k

>>373
あなたのような方が増えてくださると
世の中が良くなるのだがな


375: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)14:20:55 ID:0LU

>>373
未だに育児から父親を締め出そうとするおばさんも多く、やりづらいだろうね。がんばってください。


376: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)14:33:32 ID:cRO

話がズレるけど、児童館の職員等は年度替りに引き継ぎしないのかね。
多少とはいえ、常連の>>372を奇異な目で見るっておかしいと思うんだけど。


377: 名無しさん@おーぷん 2016/04/07(木)15:17:35 ID:MuX

>>374
ありがとう。
事案発生みたいな目で見られることがたまにあるので
本当に増えて欲しい。

>>375
個人的な経験だが、おばさんは最初奇異な目で見てきても
ちゃんと育児してるとわかるとコロっと掌返して飴ちゃんをくれたりする。
恒常的に育児をしてると知ると、イヤな顔して説教してくるのは50~60代オッサンに多いね。

>>376
クレーマーや出禁の人は申し送りしているらしいよ。
俺は問題を起こしたことがないからノーマークなのではないだろうか…多分。


おすすめサイトの最新記事
「犯罪・警察・24」 カテゴリの関連記事
コメントの投稿
注意  :FC2のコメントフィルターによって露骨に卑猥な言葉は書き込めなくなっています。
使い方 : >> で本文中のレス番、 * ※ 米 等でコメントへのレスができます。
例   : >>432 米1 ※423
ご連絡 :※コメントNoがIE8以上に対応致しました。なおIE7以下への対応予定はございません。
     google chromeで確認しながらデザインしてるのでchromeでの閲覧をお勧めします。
     コメントNoが見えない方、レイアウトがずれている方がいらっしゃいましたら
     こちらからお問い合わせ頂けたら幸いです。
     





管理人に知らせたいことがある時等にチェックしてください。

家庭/鬼女/カップル系ブログ 最新記事