about
修羅場報告を募集しています
修羅場投稿スレッド@修羅場速報


人気記事
カテゴリ
DV (75)
月別アーカイブ

巨大パネルに原爆当時のカラー復元した写真を見て、その日から毎日夜泣きするようになった

今までにあった修羅場を語れ【その8】
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1422455936/

341: 名無しさん@おーぷん 2015/02/19(木)19:28:12 ID:oge

ちょっとグロ注意かも

小学4年生の頃の話
当時の夏休み、近所の公営施設でやってるイベントに行ったら
終戦記念日が近いって写真展やってて修羅場だった
しかも広島長崎のどちらか付近に住んでたので投下時の写真がわんさか
天井から床まで届くほどの巨大パネルに、何をトチ狂ったかカラー復元した写真
全体的に赤くて黒くて、小学生にはきつ過ぎた
暫く固まったのち友人共々逃げるように帰ったんだけど
中でも一際目立つ場所にあった一枚の写真が忘れられず大変だった
女の人(多分)が2人写ってて、顔は煤けて髪もチリチリボサボサ
ゾンビポーズしてる手がやたら赤くて、赤いヒラヒラがワカメみたいに手にぶら下がってるんだけど
もちろんワカメな訳はなくて、焼け爛れた皮膚や肉(だと認識してる)
それがトラウマになったのか、その日から毎日夜泣き
俺は、気が付くと泣いてて親や祖父母が宥めてくれてた、としか憶えてないんだけど
親曰く、赤くてどうのこうのとか泣きながら言ってたらしい
結局夜泣きは半年近く毎日続いた
最終的には、ヒヤの奇応丸?を飲むと夜泣きしなくて
大丈夫そうと飲まずに寝ると夜泣きする、を繰り返していつの間にか治ったそうだ
奇応丸のステマみたいになったけど、あの体験は今でいうPTSDなのかもしれん
夜泣きの期間中は何度か粗相もしちゃったし、当時は恥ずかしくて情けなくて修羅場だったなあ
子供へのグロ画像の排除が行き過ぎだって意見を見て思い出したんで投下
こう言う体験をしてる身としては、幾ら教育と言えど
全てを見せれば良いってもんじゃないような気もする






342: 名無しさん@おーぷん 2015/02/19(木)20:44:47 ID:6j0

子供へのって話じゃなくて、多分日本は死体を隠しすぎるんだよな


343: 名無しさん@おーぷん 2015/02/19(木)22:04:01 ID:FQU

教育とはそういうもの
臭いものに蓋をする文化は弊害がある


344: 341 2015/02/19(木)23:31:32 ID:oge

俺も別に隠せ、教えるなって言ってる訳じゃないよ
耐性が無い状況にいきなりトラウマになるような物を与えたら逆効果じゃないかと思ってさ
現に俺はグロどころか、ちょっと血が出てるような物ですら今でも苦手
まあ、心の傷が~心的ストレスが~って過剰反応し過ぎだとも思うけど
やっぱり幾ら現実でも子供にはキツいものもあるよねって。
スレの趣旨とズレちゃったし、引っ込みます


345: 名無しさん@おーぷん 2015/02/19(木)23:42:15 ID:bCZ

耐性ってそういう物を見ていくうちに、ついていくものだと思うの。
そりゃ物凄くショックだったとは思うけどさ。
そこには絶対に向かわんようにしようとするやん?


348: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)10:37:31 ID:EYI

私の父は広島出身。
戦時中対岸の松山に疎開していて、そこからきのこ雲を見たらしい。
広島が新型爆弾で壊滅したらしいと聞き、二日後、当時13歳だった父は母親に頼まれ小学生の妹と広島の自宅を見に行った。
そこは地獄絵図だったそうだ。別に寡黙な人ではなかったけど、その時の事は本当に口が重かった。
ぽつぽつと語られる話はとても悲惨だった。
341さんのレスを読んで、癌で亡くなった父を思い出した。
写真を見ただけでもトラウマになる事を実際体験した方々の事を思うと胸が痛い。


おすすめサイトの最新記事
「病気・怪我」 カテゴリの関連記事
コメントの投稿
注意  :FC2のコメントフィルターによって露骨に卑猥な言葉は書き込めなくなっています。
使い方 : >> で本文中のレス番、 * ※ 米 等でコメントへのレスができます。
例   : >>432 米1 ※423
ご連絡 :※コメントNoがIE8以上に対応致しました。なおIE7以下への対応予定はございません。
     google chromeで確認しながらデザインしてるのでchromeでの閲覧をお勧めします。
     コメントNoが見えない方、レイアウトがずれている方がいらっしゃいましたら
     こちらからお問い合わせ頂けたら幸いです。
     





管理人に知らせたいことがある時等にチェックしてください。

家庭/鬼女/カップル系ブログ 最新記事