about
修羅場報告を募集しています
修羅場投稿スレッド@修羅場速報


人気記事
カテゴリ
DV (75)
月別アーカイブ

介護が必要になった父が亡くなって安堵した事なんて母は勿論誰にも言えない

今までにあった最大の修羅場 £86
yomogi.2ch.net/test/read.cgi/live/1371342293/

368: 名無しさん@HOME

吐き出したくなったので場所借ります
小学3年の時父が前方不注意の車に撥ねられた
前頭葉の脳挫傷で、救急で運ばれた病院以降いくつかの
病院でリハビリを受けて1年半後、
家に帰って来た父は事故前とは別人の様だった、

手足はリハビリ後はそこそこ動く様になったが、
体幹がバランス取れない為歩く事が出来ない車椅子生活
しかし本人は自分が立って居られない事がきちんと理解出来なくて
トイレに行きたくなったりすると立ち上がって転ぶ
行動は幼児の様だった、石鹸を食べたり、醤油を飲んだり
転倒と合わせて意図しない自傷のようになってしまう
言動は言葉は出るが、問い掛けに対して関係ない答えが返って来る





感情が抑制出来なく、すぐに癇癪を起こす、
怒ってる理由が相手に伝える事が出来ないため更に癇癪

悪いのはCDの入れ替えに注意が行って赤信号無視で横断歩道
に突っ込んだ運転者なのは判ってても、目の前に居るのは
変わってしまった父だった
老人でもない、幼児でも無い40になったばかりの男性が癇癪
を起して物に当たったり投げたりする
父は結局事故から9年後膵臓癌で亡くなった
不謹慎だが当時の俺はほっとした
父が亡くなって安堵した事なんて母は勿論誰にも言えない

たまにその頃の事を思い出して不眠がやってくる


369: 名無しさん@HOME

>>368
辛いなあ
でも、ほっとしたってのは本当、しょうがないし自然だと思う

もし俺が親父さんの立場だったとしても、
自分の不甲斐なさに消えてしまいたい気持ちにもなったろうと思うし、
亡くなったことで親父さん的にもほっとしたかもしれないよ


370: 名無しさん@HOME

>>368
あなたも辛い思いをしただろうし、お父さんが亡くなった時には安堵したかもしれないけど
本当に誰にも言えないけど一番安堵したのはお母さんだったかもしれないよ。


371: 名無しさん@HOME

人はその内心ではなく、発言や行動に対して責任を負う。

その観点に照らし報告者はなにひとつ恥じるべきところはない。


372: 名無しさん@HOME

そう、みんなホッとしたんだ
父ちゃんもすべてから開放されて・・・・・


374: 名無しさん@HOME

>>368

安堵するのは仕方ないよ
しかし青信号の横断歩道で轢かれるなんて恐いね
常に意識を周りに向けているつもりでもふと信号だけを信じてしまう時があるから


375: 名無しさん@HOME

>>368
安堵したのは、むしろ、368がそれだけ父親を親子の愛情をもって見ていたからだと思うよ
誰しも、実の両親が普通の状態でないのを直視できないし、受け入れるのはとても辛いことだよ
いつまでも子供の頃から知っている「元気で立派だった親」でいてほしいと願っちゃうからね
(これが孫世代だと、その辺は結構割り切れるんだけどね)
お父さんへの愛情があるからこそ、親子として辛い状態が終わることへの安堵感だったんだと思うよ


おすすめサイトの最新記事
「切ない修羅場」 カテゴリの関連記事
  1. [ 2015/03/01 09:04 ]
  2. 父親本人が一番安堵していると思うよ
    自分が自分で無くなって生きて行くのはさぞ辛かったでしょう
    家族にも目に見えて負担がかかっていることも理解できる状態ならなおの事
    日々壊れていく自我に潰されてジサツへ気持ちが傾かないで耐えてくれたことがせめてもの救い
    事故ではないけど認知症の義父を13年介護して看取って思うわ
    ジサツされたら残された家族が後追いするほど引きずられ後悔し続けるもの
  3. [ 2015/03/01 09:35 ]
  4. これは母親も安堵してるよ
  5. [ 2015/03/01 09:59 ]
  6. 自分もアルツハイマーの父を見送って悲しいけどほっとしてるよ。
    たまに我に返り「なぜ自分はこうなったのか」と悲しそうにしていた父を思い出す。
    報告者は長い間よくやったよ。
  7. [ 2015/03/01 11:06 ]
  8. 高齢の実母を介護していた同僚が、徘徊老人がひき逃げされて亡くなったニュースを見て
    「逃げずに出頭していれば、家族からも内心感謝されただろうに」と言ったのを見て
    きれいごとでは済まないんだと痛感した
  9. [ 2015/03/01 12:17 ]
  10. 好きとか大切とか、そういう気持ちがある中でいきなり要介護になって別人のように…てのは、本人も周囲も本当につらいと思う。亡くなってほっとしたことに罪悪感みたいなものを感じる必要はない、全員がほっとするもんだ。

    ちな俺の父親は脳梗塞からの半身麻痺で要介護。

    ヤツは若い頃から「俺が正義だ」が強く、家族の本気の話も怒りも嫌な笑い方でスルーしっぱなし、外面だけは良く、いつでも家族を貶める半アル中のモラハラエネクソ父だった。ヤツのせいでいらない面倒がいくつも降りかかってきた(母方叔母達と揉めて絶縁等等)。

    俺は母親に再三離婚を勧めたが、とっくに慰謝料や資産分配等きれいに調べてあって(TV番組や弁護士の無料電話相談も活用したと言ってた)、「老後にお父さんの厚生年金がないと生活できない」と離婚しないままだった。

    母親はもともと一流企業勤務で、寿退社しろとヤツに強く言われ(女性の意向を無視しても男性の論がまかり通ってしまう時代だった)周囲に惜しまれつつ中小に転職、しかし中小では妊娠を期に退職するのが当然の時代。後は年齢的にパート主婦にならざるを得なかった。最初にいた会社は当時から福利厚生しっかりしてて産休育休→復帰もできたらしい。ヤツに丸め込まれた母親もアホだな。

    今、母は父をきちんと介護してるようだ。タヒなれたら金に困るなら仕方ないけど、生かさず殺さずほどほどに、と母に言ってる。俺は最近結婚して近隣別居。母(ちっこくて細っこい)が気掛かりだから重い買い物は率先して買ってくるし、週に一度は介護したり飯持ってく(嫁にはあまり直接関わって欲しくない、ヤツの言動で嫌な思いをさせそうだから)けど、俺はヤツを言葉で虐待してると自覚してる。実家に行く前後は寝言で怒鳴ったりしてるみたいで嫁に心配されてるよ。ヤツが早くタヒにますようにと本気で願ってる。

    もしヤツより先に母が亡くなったとしたら、ありったけの策を講じてヤツを特養に入れると決めてる。ケアマネに布石は打ってある。同居して毎晩夜中に起こされたり下の世話したり転倒したら起こしたり、そんなの、早くタヒねと思ってる俺には無理。日常で関わりたくない。
  11. [ 2015/03/01 12:30 ]
  12. 父が食事を穫れなくなって入院。全身の昨日が低下、食事は鼻から、寝たきりになった。
    金銭的な問題で老健には入れず、病院からは退院して欲しいと。
    自宅介護は限界な状態と言われたが、24時間介護、痰の吸引、鼻からの食事、二時間おきの体位変換。母と二人で頑張るつもりだった。
    介護練習を始めた次の日、父は亡くなったよ。。
    正直介護出来る自信も無く、不安だらけだった。逃げ出したいと思った。
    自分もホッとしたよ。。。家族に負担をかけないように父は逝ってくれたんだと思っています。
  13. [ 2015/03/01 13:26 ]
  14. 一言で表すと

    「大人は子供が思うほど大人じゃない」
  15. [ 2015/03/01 19:51 ]
  16. 両親と同居して家事を担当してる ※5の父と同様、外面が良く元教師で異様にプライドが高い
    そのせいか、家の中は俺様ルール、耳が遠くなったのもあり、気に障ると母に怒鳴りまくる
    歩けない母に父が連日無茶を言うのが辛くて庇っていたが、結局母が甘やかすから改善は無理

    恨むとか憎むを通り越すと、もうどうでもよくなった こんな屑は道端の犬のフンぐらいどうでもいいって
    今は「居ないもの」として扱ってる 不貞腐れて母に文句を言うが、俺がいないと困るのだけは判っている
    力では勝てないのを知っているから自分では絶対に話し掛けてこない 多分タヒぬまでこのままw
  17. [ 2015/03/01 20:19 ]
  18. ※7
    何を読んでそのレスなのさ?
  19. [ 2015/03/01 22:36 ]
  20. 皆、口に出さないだけだよ
  21. [ 2015/03/03 01:58 ]
  22. 複数のまとめサイトがあるけど、被害者一家が精神的に病んで破滅したり一家離散に至る記事は
    いくつか見たことある。


    けど、加害者が破滅したり、加害者一家が精神的に病む記事は一つもないよね。


    逆に遺族に罵声を浴びせたり葬式に平然と来たり慰謝料治療費踏み倒してトンズラ(加害者家族もグル)
    とかさ。加害者はヤリ得してんよな。場合によっては交通刑務所すら行かないし失業しないし。
  23. [ 2015/03/03 17:23 ]
  24. ※11
    交通事故じゃないけど、被害者と加害者が飲食店で居合わせて
    被害者側が御通夜状態、加害者側ゲラゲラ笑いながら楽しく会食……なんて話を思い出す
    もちろん損害賠償は踏み倒している
  25. [ 2015/03/06 10:15 ]
  26. 愛情があってもしんどいよ、やっぱり
    毎日毎日生きて欲しいと思う反面、もう解放されたいと思う気持ちで
    自己嫌悪の嵐だったよ

    自分も亡くなった時は正直ホッとした
    でも、それは孝行をやり切ったって事だから
    そんなに気に病まないで欲しいな
  27. [ 2015/03/08 01:46 ]
  28. 仕方ないよ・・・・
    バアちゃんの介護が終了した時同じこと思ったぁ

    やれることは全部やって後悔は無いし
    介護する側がもう金銭的にも心身にも限界が来てたし
    意地悪バアちゃんだったし余計

    正直やっと逝ったぁ~って少し思った

    思っても口に出さない人多いんじゃないかな
  29. [ 2015/04/01 23:06 ]
  30. 介護を実際に負担している人なら口には出さないけど思う事だ

    ボランティアで老人の送迎車を運転している人がいて
    その人の車に乗るとひと月も経たずに、乗った老人がお亡くなりになる
    ボランティアのその人にとっては大変不本意かもしれないが
    近辺の家族から隠れた人気じゃった
  31. [ 2016/06/13 05:01 ]
  32. 九歳の小学生なら、父親の異変を怖がって当然。

    意思疎通の出来ない暴れる中年男性を、九年も介護してれば、ほっとしても当然。

コメントの投稿
注意  :FC2のコメントフィルターによって露骨に卑猥な言葉は書き込めなくなっています。
使い方 : >> で本文中のレス番、 * ※ 米 等でコメントへのレスができます。
例   : >>432 米1 ※423
ご連絡 :※コメントNoがIE8以上に対応致しました。なおIE7以下への対応予定はございません。
     google chromeで確認しながらデザインしてるのでchromeでの閲覧をお勧めします。
     コメントNoが見えない方、レイアウトがずれている方がいらっしゃいましたら
     こちらからお問い合わせ頂けたら幸いです。
     





管理人に知らせたいことがある時等にチェックしてください。

家庭/鬼女/カップル系ブログ 最新記事