about
修羅場報告を募集しています
修羅場投稿スレッド@修羅場速報


人気記事
カテゴリ
DV (59)

私を虐めていた教師に従姉妹の結婚式で再会した

今までにあった最大の修羅場 £104

15: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/11(火) 00:31:14.54

修羅場かわからないけど、投下
汚物注意
多少フェイクいれてるけど
私は、小学校の頃に担任にいじめられた
理由は、担任が高校生の時に不倫していたのが
私のお父さんだったからだったと思う。その事に関しては、
私も同情する。でも関係のない私にやった事には私は、許せなかった。
担任は、いい先生のまま学校を去った。数年後いいとこの人と
結婚したみたいだ。数年後、私の叔父の娘、つまり従姉妹の結婚式に
出席した。その時に忘れもしないあの担任がいた。
どうやらあの担任の旦那さんにとってうちの叔父さんは、
大事な取り引き先だった。

結婚式をドタキャンした従弟をボロクソ言っていたが、彼は事故で下半身不随になっていた

今までにあった最大の修羅場 £102

129: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/19(水) 22:02:30.12

1、私たち夫婦には弟とも言えるくらい仲のいい従弟がいる(夫筋)
2、私たちが結婚する際に突如参加をドタキャン 私たち夫婦切れて縁切りすると宣言
3、しばらくして夫が出張先で従弟と遭遇
4、従弟は結婚式の少し前に交通事故で二度と歩けない身体になっていた(親戚には口止めしてた)
5、少しでも助けてあげたいと思い援助をしようとするも固く拒否された

夫も私もなぜもっと来れなくなった理由を考えなかったのか、従弟が苦しんでいるときに
彼を罵りつつ楽しく生活してた自分が恥ずかしい

援助を拒否した理由も「自分はもう終わった人間だ、そんな人を助けるより
この先生まれるであろう子供のために使うべきだ」と言われどうしようもなくて悩んでます

もう頭の中ぐちゃぐちゃで修羅場

近所の女子高生がうちの子供が好きすぎて妊娠してしまった

今までにあった最大の修羅場 £106

68: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/13(日) 21:16:36.93

うちの子が1歳半のときのこと
たまたま引っ越してきた近辺には小さい子がいなくて
近所にいる子供は高校2年生の女の子ぐらいだった。
その女の子がえらく小さい子が好きみたいでうちの子を見かけるとすっ飛んで来て可愛い可愛いって遊んでくれるような子だった。近所を歩いてるだけでも可愛いな~って外にでてきてずっと眺めてるくらいのメロメロっぷり
その子の家は両親との3人家族で休日もよく3人ででかけており、玄関先などで出くわすと、女子高生がうちの子を見て可愛い~って言い、お父さんがお前もちょっと前まではあんなんだったんだぞ~って返す、そんな感じの微笑ましい会話を聞いたりしてた。

他に小さい子はいなかったけど、幸いなことにうちの子はあんまり夜泣きもせずギャアギャア泣くタイプではなく、出先でも大人しいので比較的近隣住人との関係も良好、穏やかで静かだった。
 
そんな家族のお母さんとお父さんがある日うちに来てお願いがある。と言い出した
そのお願いが
娘に子育ては大変だ、甘く見るなといろいろ辛いことなど教えてやってほしい。ということだった。
なんと、娘さんうちの子で火がついて小さい子が好きになりすぎて子供欲しい!ってなったようで妊娠してしまったらしい
 

セクハラ爺を懲らしめたらホラー映画みたいな事が起こった

今までにあった最大の修羅場 £104

52: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/12(水) 17:15:12.04

私22歳、夫30歳、姑70歳。舅は鬼籍。

今年の元旦は、姑実家にて一泊すると聞いていた。
姑実家は、姑兄弟の長男85歳(以下A)と
その息子(以下A息子、独身45歳)の2人暮らし。
今までお米購入等で何度も面識があったが、泊るのは初めてだった。
姑の兄弟やらその息子家族などが来て、最初は普通の親戚の集まりだった。

Aは酒を飲むと饒舌になり、同じ話を何度も繰り返す。
握手を求められてずーっと握りっぱなしだったり、
もうちょっと鼻が高ければ・・眉の形が・・でも口はなかなか・・
など言われてピキッとしつつも、まぁ酔っ払いのジジイだしと軽く流していた。

台所の方から「皮むき機ってどこだっけ~?」とお声がかかったため、
Aに「ちょっとすみません」と声をかけ立とうとしたところ、
「待て!!今俺が話しとるやろうが!!!座って聞いとけ!」と
大声で怒鳴りつけられた。周囲の空気が固まる。
あぁメンドクサイなあ、などと思ったその時、
「なんでうちの嫁ば怒鳴っとね!!何もしとらんやろが!!」
と姑がブチギレ。
「さっきから我慢しとったら何なん?
人んちの嫁捕まえて顔がどうだのなんだのって、いい加減にせんね!」
と姑さんの説教に、Aはしゅんと萎んでいた。
姑さんありがとう、と感謝しつつ台所へ避難。

その後一見は穏やかに宴会は進み、カラオケ大会の運びに。
Aがカラオケを歌い始めた時に、小学生の子(A妹の孫)たちを隣に呼べと言いだした。
その一言で、その子達の祖母(A妹)が
「こんのエロジジイ!!ええ加減にしーよ!!!」と突然キレてAを突き飛ばした。

[ 2015/09/29 21:25 ] 特選 | CM(1)

子供が生まれた後家にネズミが大量発生し、子供が毎日のようにダニに刺された

今までにあった最大の修羅場 £102

244: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/15(土) 11:07:21.92

ここで良いのかわからないのですが書きます。
初めて書くのでうまくかけなかったらすいません。


今の旦那と結婚し元々旦那が住んでいたアパートに引っ越した。
子供が産まれ4ヶ月になった時、ネズミが急に大量発生。子供が毎日のようにダニに刺されるようになり
ネズミの糞が部屋に無数に転がる、ネズミが部屋の中を走る、タンスを開けたらネズミとご対面するようになってしまった。
毎日狂ったように掃除をし、子供に何かあったらと思い気が狂いそうだった。
このままだと私も精神的におかしくなる!と思い実家に避難し即引越しをした。
大家さんもいい人で、すぐだったにもかかわらず引越しを了承してくれた。


引越しして数ヶ月後、上の階に住んでいた人が人殺しで捕まった。
殺人現場はその部屋で。ネズミが出たのは何かを教えてくれるだめだったのかと思ってしまう。
事件を聞いた時は震えが止まらなかった。あの時は多分心の中が修羅場だった。

義姉の披露宴で私家族の経歴を馬鹿にされたので義姉の補導歴を暴露した

今までにあった最大の修羅場 £106

86: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/14(月) 14:01:57.52

プチだけど初めての修羅場だったので

先日、義姉の結婚式だった
身内だけの式だったので披露宴というより会食でみんなであれこれ話しながら料理を楽しんでいた
新郎新婦の話にネタが尽きたのか突然私たち新婦弟夫婦の話になった
聞かれたのは学歴の話
私は両親共に持病持ち(入院多め)だった為、
高校卒業後進学はせずに時間の融通がききやすいようにとフリーターになりました
経歴としては胸を張れるものではないけど、自分なりに家族を支えていたつもりだった
その事について、話したところ義姉が
「こんな教養のない義妹を持って恥ずかしい。弟も一緒に育ってきたのに、何故そんな人と結婚してしまったのか悲しくてしょうがない。持病持ちの人から生まれた子どもなら病気持ちに違いないし、姪にも遺伝したらうちの家系に傷がつく。
けど、私はそんな事ないから安心してくださいね(はぁと)」
と割り込んで、新郎側の親族に話した
[ 2015/09/29 08:55 ] -家庭 結婚式 | CM(14)

喘息の発作で病院に行ったらとにかく待てと言われた

今までにあった最大の修羅場 £104

87: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/14(金) 00:38:13.52

今日あった修羅場
他の板にも書いたけど、皆に聞いて欲しいので書かせて下さい
昨日の夜から急な発熱(38度)で、喘息も落ち着かない状態だった
様子を見ようってのと、朝方に飲んだロキソニンが効いて、やっとグッスリ寝れたので起きたら昼過ぎ
やはり体調が悪いので、いつも行く内科に行こうとしたけど、午後休診だったので近所の内科に行った
行く前には喘息発作を抑える薬(サルタノール)を吸入して行動した
受付で昨日から熱がある事(インフルの疑いあり)と喘息発作が出てて苦しいと伝え、問診表にもそう記入した(この時の熱は37.3度)
順番をお待ち下さいって事で、おとなしく待ってたが発作が段々酷くなり、マスク凹ましつつ肩で息しながら涙が出てボロボロ(ココまでて診察開始から20分経過)
本当に呼吸が辛くて受付で「喘息発作が苦しいんで、先に喘息の点滴して下さい」と訴えた

受付「診察してなければ何も出来ないので、順番まで(まだ全然先)お待ち下さい」

私「じゃあ救急車呼んで下さい」
受付「とにかく診るんで、順番までお待ち下さい」
「体調が悪いならベット用意するんで、寝てお待ち下さい」
私「いや、発作出てて寝れる訳無いじゃないですか。じゃあもう良いです。帰ります」
受付「え?診察まで待って下さい

と、ココで病院出て、車で来てた事もあって、片道15分の総合病院の救急に行ったらインフルBだった
とりあえず吸入と点滴して貰って薬貰って帰って来たけど、最初の病院の対応がモヤッとするし、本当に死ぬかと思って頭ん中は修羅場だし恐かった

山ガールを救助したら仕事をクビになった

今までにあった最大の修羅場 £102

374: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/13(日) 08:35:36.19

山で人助けしたら訴えられた挙句仕事も失った

1、とある山に1泊予定で登山に向かう
2、道中滅茶苦茶態度の悪い山ガール4人(そのうち2人は良い人)に遭遇
3、スルーして予定通りに登山してたが雨が降ってきたので簡易テントを張り避難
4、しばらくすると4人が雨に濡れて助けを求めてきたのでタオル貸したりスープ作ったりで救護
5、なんとか山小屋まで連れて行って態度が悪かった事を謝罪され和解
6、その後4人と一緒に山頂に向かいその後下山、連絡先を全員と交換し解散
7、1週間後態度の悪かった二人から食事の誘いがあり合うことに
8、向かった先で2人の父親と思われる人にいきなり殴られる
9、なぜか俺が山小屋で2人をレ○プした事になっており訴えられることに
10、向こうの弁護士同席で話し合いに
11、実際に山小屋であった事を話し残りに2人が証人になってくれると話すと向こうの親&弁護士唖然
12、態度悪かった2人逆切れで金払えだのギャーギャー騒ぎ話にならなくなったので1週間後再度話し合いに
13、次の日会社で突然クビ宣言 (10)の前に親が2人の言う事を信じてその内容を俺の働いていた会社に言ってた
14、誤解だと言うが聞いてもらえずクビに
15、そして話し合いの日になり証人の二人と合流し向こうの弁護士、山ガール4人、親2人、自分で話し合いとなりました
16、始めに自分がクビになった事を伝えると全員真っ青に 向こうの親が土下座
17、話し合いの結果、親二人から各300万、山ガール2人から各200万と俺の働いていた会社に名誉回復のために謝罪して貰うことになりました
18、会社からもろくに調べずに解雇したということで500万貰いました
19、現在その時の弁護士と色々あって同棲中 主夫ってるけどなんだかんだで幸せ

俺が払った親の借金や妹の学費を長男が払ったことになっていた

今までにあった最大の修羅場 £106

115: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/14(月) 18:15:37.83

うちの家は貧乏子沢山で、俺は下から二番目の三男。
借金の肩代わりしたり、妹の高校入学金で200万+親戚に親が借りた70万も、俺が払った。
長男は家を買い(不動産屋に騙されて)次男から俺の上の三女まで結婚してて、何故か必然的に金銭的負担が俺が背負ったんだな。
ある日の法事の時に母親が親戚に家の状況の話になって、俺の負担していたことが全て長男がしてくれたことになってて、親戚から俺が説教を受けた。
曰く、フラフラと遊ばずに家を支えろ!
先月貸した親への借金(50万)もお前が払えと。
そこで生まれて初めて切れた。
説教した親戚をぶん殴り、小さめのちゃぶ台を持ち上げてクソ親を含めて滅多打ちしながら、今まで自分がしてきたことを口走ってたらしい。
血まみれの人達を振り切って、その足で家を出て、今に至る。
未だに兄弟を含めた元家族を許せない。

高校生の頃一人で雪かきしてたら転落し意識不明、凍死しそうになった

今までにあった最大の修羅場 £104

689: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/26(水) 22:20:01.80

数年前の大雪の日

うちはど田舎で、それなりに雪には慣れてたけど
その年はうちに地域でも記録的な大雪になった
雪で道路が交通止めになって、両親が職場から帰宅できなくなった
家には当時高校生で冬休み中だった俺一人
俺は「今こそ俺が家を守らなきゃ!」と変に燃え上がり
雪が小降りになったところで、張り切って屋根の雪下ろしを始めた
いつもは父親と二人でやってるけど、一人でも割と手際よく出来た
そこまでは良かったんだけど、屋根から降りようとハシゴに足をかけた瞬間
何故かグラッとはしごが傾き、俺ははしごの一番上につかまったまま地面に叩きつけられた
柔らかい雪の上なら問題なかったんだけど
ガチガチに湿った根雪の上に後頭部と背中を強打して、そのまま気絶した
雪掻きしていたのは午後2時だったんだけど、気がついたときは薄暗かった
うちの辺りは、冬は夕方4時には薄暗くなるし大雪の日だったのでもしかしたら3時くらいだったのかも知れない
だから多分気を失ってたのは1時間弱だったと思う
起き上がろうとしたが、めまいが酷くて頭も起こせなくて声も出なかった
うちは隣の家とは400m以上離れていて、しかも山に続く道の最後にあるので
あの天候の中、誰かが通りかかる事は考えられない
雪下ろしは汗をかくので、コートの下は速乾性のシャツ一枚だけでカイロも貼ってなかった
この時点で「俺死ぬのかな」って真剣に考えた
動けなくて仰向けに倒れたまま、ぼんやり空を見てたけど、その空がどんどん暗くなって
しばらく止んでいた雪も、また降り始めた
周りが暗くなっていくのが、自分の命のカウントダウンに思えた

もう諦めて寒さも感じなくなってきて、このまま寝ちゃおうか、と思考放棄しかけた時
小さな灯りと歌声が聞こえた「あ、俺死んだんだ」と思った
そうか死んだんだ、もう大学受験の勉強をしなくて良いんだ、って少し笑った
ピカって眩しい光を感じて目を開けると、懐中電灯を持った隣の奥さんと小学校の息子さんが立ってた
母親がお隣さんに電話して、お隣に一泊させてもらうように頼んでくれてて
奥さんと息子さんが迎えに来てくれてた


家庭/鬼女/カップル系ブログ 最新記事